メタボリム

メタボだけど自転車が好き

カテゴリ: メンテナンス

スーパーコルサのシートポストが落ちる問題。長いこと苦しんでいてシートピン替えても効果がないから、もう瞬間接着剤とか穴を空けてボルトで留めるかとも思っていた。

が、前回ダメだったとき家に帰って確認してみたところ、実は割と限界まで締め付けたはずのシートピンのボルトが緩んでることが判明。なら話は結構簡単じゃないのか。

まずはモーガンブルーの滑り止めグリスを注入。
47
続きを読む

スーパーコルサのシートポストが落ちる問題にはずっと悩まされていた。

初期は滑り止めグリスを塗っていたがあまり効果がないので、試しにアルミテープを巻いてシートポストを太らせるなどしたけど、これでも最終的には落ちるようになってしまった。
45
というか、シートチューブ自体はφ27.0だし、ここに塗装や錆びも乗ってるからグリスを塗らないとシートポストが通らない程度にはキツいので太らせてもあまり意味なさそう。

もちろん、そもそも真円になってるか怪しいし、精度については疑問も感じるのだが。続きを読む

ロードバイクのメンテナンスの中で素人がやってはいけない作業は無数にあると思うが、中でも不可逆な作業はまずい。コラムカットならまだ大幅に長さ間違えなければ影響はなさそうだが、特にタッピングは真剣に止めた方がよさそう。

例えば俺のクロモリのフレーム、BBは既に購入店にネジ穴さらいをお願いしていたんけど、リアディレイラーを取り付けようとしたら全然穴にはまらない。

暫く試してみてやっとトルクスが回りだしたと思ったら妙に手応えが硬い。おかしいなと思って一旦抜いてみると、雌ネジの入り口が駄目になりかけていたのと、そもそもネジ山に塗料が乗ってることに気づく。

それなりに厚みがある塗料だと多少の上塗りだけでもうボルトが入らなくなる模様。塗装前にネジ穴にマスキングすらしないとはイタリアメーカーはやはり少し仕事が雑だな。それこそボルトを穴に差しておくだけでいいと思うんだが…。続きを読む

Rapid3 Autoは紛失してもまた買い直してもいいと思える程度のライトだった。

しかし、同じ物を2回買い足すのも芸がないし、あとは地味にバッテリーが乾電池かつ電池交換するときのフタが硬くて開けにくいのも嫌いだった。いつか割れそうな硬さだったしな。

いい加減キャットアイ以外のメーカーも模索するべきだが、性懲りもなく次もキャットアイのSL-LD210-Rを購入。

続きを読む

Evans Cycleから間違って送りつけられたカンパフリーのボラワンクリンチャー。フリー違いに気づいたのが購入から半年後だったのに軽く報告してみたら、丁寧な返信と共にフリーが2個ぐらい買える金額のクーポンを発行してくれた。

スラムで組んでる今のフレームには使えないが、カンパで組む予定のクロモリが有って、そっちにはダークラベルの方が似合う。これは結果的に好都合とは思っていたのだが、その肝心のクロモリがEPSの件で置物化。

そろそろカビが生えてきそうだし、25Cのタイヤも何本か余ってるのでシマノフリーに換装して使うことにしてみた。

公式で確認してみると、FH-BO015X1というのを買えばいい模様。
bora50
続きを読む

一昨年の9月に入れたっきりのスギノのBB。手でベアリングを回すと右側だけ少しゴリゴリする。耐久性については余り良い話は聞かないメーカーだ。
SUGINO SHPF-IDS24 BB86
ただ名誉のために言うと、これでも別に異音がするとか回転が鈍いということもない。外して廃棄することになったのは、単にシマノからSRAMのGXPクランクに替えるから。

なおシールの上に文字が見えるようにセラミックのベアリングはCEMA製らしいが、事によるとカップ本体もOEM…?続きを読む

もう外すRD-5800だけど、これのアジャストボルトの穴が馬鹿になっている。回せないというか、そもそもボルトがこれ以上入らない状態。
RD-5800 タップ前
実は先日交換したクロスバイクのリアディレーラー(ACERA RD-M390-L)も同じように穴を駄目にしてしまっている。

ここは普段バネが入っているせいで力を入れないと回せないのだが、それにしても2個もRDをこんな風にして壊してしまうあたり、根本的な物の扱いが極めて粗野なんだということか。
続きを読む

俺は不器用だから1本2700円のSOYOラテックスチューブを何本もリム噛みパンクさせてしまってる。

その数なんと7本。今部屋に転がっているだけでも5本のSOYOラテックスチューブの亡骸がある。

過去にチューブの品質や自分の体重に責任転嫁した事もあったが、原因は単に俺の作業ミスで、リム噛みしないようにビードに丁寧に落とし込んでいくコツさえ掴めば装着成功率は100%。

そんな経験を積んだあとのチューブの残骸は、なんせ高価なので捨てるのは惜しく、少しいじることにした。
続きを読む

↑このページのトップヘ