メタボリム

メタボだけど自転車が好き

カテゴリ: 折り畳み

注文していたシュワルベのビッグアップルがドイツからもう届いた。確かK3が納車された数日後には「このままでは駄目だわ」と思い立って注文したと思うが、2週間は覚悟してる海外通販で4日程度で届くとなんか嬉しい。
シュワルベビッグアップル
元々MTBが街乗りするときの極太スリックタイヤとして有名だったらしい。

https://www.schwalbe.com/en/tour-reader/big-apple.html

その重量、14インチにして公称340g。

シュワルベといえば、昔クロスバイクにマラソン使っていた時期あったけど、500g越えの恐ろしい重さだった。確か初心者の頃に訳も分からず買わされた記憶。廃棄するとき小さくするためハサミ入れようとしたらすごく切れにくくて、正直やりすぎじゃねと。

MTBには全く詳しくないので、今回のビッグアップルもそういうタイヤなのかなと思ってた。
続きを読む

最近新車を購入した人が「納車しました☆」と書いてる事例が妙に目立つ気がする。日本語としては明らかに間違ってるし、よりによって周囲からの眉目を集める時にそんな過ちを犯さなくてもと思うのだが、言語というのは進化するものなので、違和感を持つ俺がむしろおかしいだろう。

この手の「納車しました」「納輪しました」と書く輩は、リア充(ライト層・ビギナー層)に多い気がしたのだが、あるベテランのブログを検索してみると普通に数年前から「納車して…」と書いてあるので、むしろこれが習わしなんだと思い知った次第。

というわけで、久々の完成車買いであるダホンのK3を納車した…
ダホンK3
いや、自分で組んだならともかく、お店の人は吊るしの状態から乗れるよう見えないところで頑張っていたはずなので、その努力に敬意を示すためにここはちゃんと書こう。

「納車してもらった」、もしくは「納車された」と。続きを読む

今更ながら折り畳み自転車の真価に気づき、欲しくて仕方なくなってるのだが、そういえばこれまでの人生で一度も乗ったことがないはず。実際の走行性能がわからない以上、試乗しないことにはあまり買いたくない。

正直、ロードに手を出すようになってから小径車全般は無意識に興味の対象外になっていた。見下すわけではないのだが、どうせ性能は低いんだろうなみたいな先入観もあった。ただ、折り畳みで奥多摩や飯能の峠を普通にヒルクライムしてるらしい人もいるとかなんとか。

というわけで近場で試乗させてくる店舗を訪れたのだが…
折り畳みを試乗できる店舗
続きを読む

ここ数年、新しい自転車を購入しては乗る前から次の妄想をすることが続いてるが、年ごとに自転車への関わり方も変わってきて、今ではもう本気で走るのは屋内トレーニングだけでいいんじゃねって気がしてくる。

2018年の天候は常軌を逸していて、冬の厳冬、春の花粉地獄が記憶に新しいが、夏の今はキチガイのような酷暑で死人が続出してる。もう東京都心は愚か、日本という国自体が自転車で走るには向いてないのではないかと思えてならない。
関東・信越の週間天気   Yahoo 天気・災害
情熱が醒めているといえばそうだが、年間走行距離自体は大幅に更新する予定だし、健康や時間に対する価値観も変わってきてる。かつては夏場に脱水症になるまで走っては何も食べずに寝込んで翌日体重が1.5kg減ったのを喜んだりしていたが、今から見れば水分と筋肉を減らすだけの自傷行為に思えてならず。

秋になったら流石に外にも出れるが、今度は日が落ちるのが早くなる。そして膝に痛みが出て外科に通ってるぐらいだし強度の高い運動は厳しいから、峠に行くのも暫くは無理だろう(まぁ、そもそも都心住まいという事もあり最後に行ったのは2年前なんだが)。

結局のところ、このように外乗りが楽しめない状態が続いてると、自転車は「①室内トレーニング」「②街乗り」「③旅行先の足」の3つの用途を満たすものを保持していればそれで足りて、そして③を今どうしようか真剣に考えている。
続きを読む

↑このページのトップヘ