メタボリム

メタボだけど自転車が好き

カテゴリ:機材 > スルーアクスル

エモンダディスクのスルーアクスルは両側がφ12x1.75mm(いわゆるMaxle)という規格になっており、適合する市販品がフロントだとまだないんじゃねと思っていた。Carbon Tiの中の人に寸法情報など送りつけて問い合わせたら「今秋以降に出すかも」みたいな感触だったので、それまで我慢するかと思っていたのだが…。

実は、Shift Upというフランスのメーカーが幅広い規格でスルーアクスルを展開していて、その中にもエモンダ(ひいてはトレック全般?)に適合するものも含まれていた。

http://www.shift-up.eu/

ラインナップも感心するが、公式に親切なチャートが用意されていたりするので、ピッチゲージがなくてもこれを見れば適合するものが分かるはず。

Axle   Shift Up
他にも公式サイトでセレクトボックスを選ぶだけでお目当てのスルーアクスルを探し出せるThe Robert Axle Projectいうメーカーも有ったりするし、なんでもっと早くこの2つに辿り着けなかったのか、自分の情弱っぷりを改めて思い知る。
続きを読む

エモンダのスルーアクスルピッチは1.75mmってのを教えてもらったのだが、とりあえずCarbon Tiっていうイタリアのメーカーが12x142x1.75のを出してるのは確認できた。
carbon-ti-thru-axle-x-lock-x-maxle-12x142-mm_6
六角ネジタイプのご多分に漏れず公称33gと軽量だし、あと頭の裏にギザギザがないので、RWSみたいに塗装に喰い込まずエンドは荒れなさそう。

で、リアはこれでいいのだが、フロントが問題。そもそもこの「1.75mm」というのはスラム傘下のRockshoxのMaxleがリアで採用してる規格なのだが、このメーカーにしてもフロントは基本1.5mmっぽいぞ。

まして12x100なんてのはディスクロードで導入された規格(?)でまだ全然周辺が追いついてないので、100x12x1.75なんてスルーアクスルがそう簡単に売っているはずもない。続きを読む

軽量クイックリリースで重量40g台の物は沢山有るが、スルーアクスルだとTuneのDC12が前後合計74gで最軽量クラスを謳うあたり、太くて長い分やはり軽量化には不利らしい。

ただ、レバーを外してアレーンキーで締められるタイプの物を選べばとりあえず40%ほどの重量削減ができる。
2018-05-21 19.11.16
これはクイックリリースも同様だが、ホビーレーサーですらない一般ユーザーにとってホイールを外す時間を闇雲に短縮するメリットはないので、スルーアクスルのレバーは特になくても問題はない。もちろんアーレンキーを忘れたら外せなくなるが、まあ普通は携帯するだろうということで。
続きを読む

昨年秋にとっくに解消したけど、乗り出したときはスーパーコルサの後輪が坂道などで踏ん張ったときにホイールがずれるのに初期悩まされていた。

原因として考えられたのはまずエンド部分の形状。ストレートドロップエンドじゃないんで、いかにも前に進んでるときは何かの弾みにハブシャフトが滑っちゃいそう。
チネリ スーパーコルサのエンド部分
あとはどうもクロモリの鉄エンドは硬すぎて今日のクイックリリースではうまく固定できないんじゃないんじゃと思えてならず。この部分は柔らかいアルミで生成して噛み込まさせてるのが主流じゃねと思うんだが。
続きを読む

↑このページのトップヘ