メタボリム

元メタボだけど自転車が好き

カテゴリ:ロードバイク選び > 新車

今更ながら折り畳み自転車の真価に気づき、欲しくて仕方なくなってるのだが、そういえばこれまでの人生で一度も乗ったことがないはず。実際の走行性能がわからない以上、試乗しないことにはあまり買いたくない。

正直、ロードに手を出すようになってから小径車全般は無意識に興味の対象外になっていた。見下すわけではないのだが、どうせ性能は低いんだろうなみたいな先入観もあった。ただ、折り畳みで奥多摩や飯能の峠を普通にヒルクライムしてるらしい人もいるとかなんとか。

というわけで近場で試乗させてくる店舗を訪れたのだが…
折り畳みを試乗できる店舗
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、新しい自転車を購入しては乗る前から次の妄想をすることが続いてるが、年ごとに自転車への関わり方も変わってきて、今ではもう本気で走るのは屋内トレーニングだけでいいんじゃねって気がしてくる。

2018年の天候は常軌を逸していて、冬の厳冬、春の花粉地獄が記憶に新しいが、夏の今はキチガイのような酷暑で死人が続出してる。もう東京都心は愚か、日本という国自体が自転車で走るには向いてないのではないかと思えてならない。
関東・信越の週間天気   Yahoo 天気・災害
情熱が醒めているといえばそうだが、年間走行距離自体は大幅に更新する予定だし、健康や時間に対する価値観も変わってきてる。かつては夏場に脱水症になるまで走っては何も食べずに寝込んで翌日体重が1.5kg減ったのを喜んだりしていたが、今から見れば水分と筋肉を減らすだけの自傷行為に思えてならず。

秋になったら流石に外にも出れるが、今度は日が落ちるのが早くなる。そして膝に痛みが出て外科に通ってるぐらいだし強度の高い運動は厳しいから、峠に行くのも暫くは無理だろう(まぁ、そもそも都心住まいという事もあり最後に行ったのは2年前なんだが)。

結局のところ、このように外乗りが楽しめない状態が続いてると、自転車は「①室内トレーニング」「②街乗り」「③旅行先の足」の3つの用途を満たすものを保持していればそれで足りて、そして③を今どうしようか真剣に考えている。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

エモンダSLRの2018年モデル(ブレーキ穴から確定)の50サイズ H1フィットっぽい画像を見つけたのでこれをネタにちょっとサイズ選びの参考にしてみようと思う。

まぁスローピングもきついし、前三角が本当に三角な時点で既に結果は見えてるんだけど。
DO6xOWsW4AAeaQ2
適当にサドル高を計算したら700以上あるあたり、どうもサイズを間違えている感が有るのだが、そもそもまだ売り物の展示品の可能性もあるのでなんとも言えない。

しかし、この手の画像弄りも慣れてくると30分ぐらいで俺のサイズとポジションまで落とし込めるんだけど、いかに自分が(他人から見たら)下らないことに時間を浪費しているか心配になってくる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ステムとハンドルはボントレガーのXXX Integrated Bar/Stemがほんと欲しかった。

まず総重量が220g前後ってのが驚異的だし、メーカー的にもフレーム(暫定)との相性がいい。

一体型というとポジションの融通が効かないデメリットが真っ先にあるが、結局ツールに出るプロですら使うぐらいだからポジションなど二の次になれる要素であり、一体型ゆえの利点が下記のように複数ある。
  • 高剛性
  • ステムの取り付けがないのでメンテフリー
  • 段差の衝撃などでもハンドルが回る事はない
…ところが痛恨のリーチ92mm。

普通のコンパクトでもポジションが出るか分からんのにそれは厳しい。

という訳で、φ26.0のハンドルにシムを噛ませてφ31.8のステムでクランプしたものを使うことにした。


組み合わせた後で改めて気づいたが、なんとハンドルもステムもシムも全てTNI。安くて品質が良い素晴らしいメーカー、しかも日本独自のブランドっぽいのだが、このままだとボトルケージとかもTNIになりそうな勢いだ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

好きではないメーカーを挙げろと言われたら、トレックとスットコが真っ先に来る。理由は色々と有るのだが、とにかくトレックは好きではない。

しかしそれでもなお、2017年10月現在、ディスクブレーキロードを買うとしたらBMCのteammachine SLR01かEmonda SLRの2択になると思わざるを得ない。いや他にプロペルとかもあるんだろうけど、やっと人柱募集フェーズを終えた段階の業界で信頼できるフレームを出せるメーカーはまだまだ少ない。

特にEmonda SLRに関しては、そのうち各社から良い物が続々と出て来るとしても、あれより軽いのは滅多に出てこないだろう。ヒルクライム用のディスクブレーキロードという矛盾したテーマに真っ向から立ち向かえる数少ないフレームセットになると思う。

あの重量にして相応の剛性も備え、加えて最新モデルでは快適性も上げたらしく死角がなさそうだし、実はH1であれば(リーチはかなり伸びるものの)スローピングが許容範囲内まで緩くなるようだから見た目も悪くなさそう。となれば選ばない理由はない。

という訳でここ最近はジオメトリとにらめっこしてる訳だが、サイズ問題が非常に悩ましい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェイクダウンという言葉はあまり好きじゃない(ついでにいうとインプレとか決戦用とかもなんか嫌い)。ともあれ、昨年6月に買ったスーパーコルサであるが、ようやく今月に入ってから乗り出すことができた。

EPSの不良対応が国内購入にも関わらず今年の3月までずれたのが最大の要因だが、7月下旬にほぼ組めたあと、そのタイミングで旅行したり、変速調整でやる気なくしてグダったのもある。本番まで500kmは走りたかったものの、天候不順や整備不良などで350km程度しか走れていない。

それもシュータッチしたり、特定の歯で鳴ったり、ハンドルが回転したり、ステムのセンターが出てなかったり、シートポストが2cm近く落ちたり、サドルが曲がったり傾いたり、前輪がスローパンクしたりとトラブル続出。散々な出来なのを乗りながら修正していった感じ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週からディスクブレーキバイクが急激に欲しくなってきた。

2年越しで組みあがろうとしてるクロモリをやっと乗り出そうとしている矢先に次のバイクのことを考えるのもなんだが、新車やライド計画の空想をするのは実際に走るより面白かったりするので仕方ない。

きっかけは5~10kmのやや長い下りが何個もあるアップダウンなコースを走ったとき。

いくら現世代のカーボンホイールには強い信頼を抱いているとはいえ、ブレーキを掛け続けることは不安は残る。前後で小刻みにブレーキを掛けていたんだけど、いつリムやラテックスチューブが溶解するか分からず。無関係だったが、焦げたゴムの臭いがしたときは慌てて急停止もした。

長い下りの不安と、ドライブトレンからの異音もあり、結果的に翌日以降は予定していたコースを走るのを断念してしまった。こういうのを踏まえると、いっそディスクブレーキにするというのも手かと思った。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

購入したのが2016年6月前後で、それから1年以上も放置されていたチネリのスーパーコルサ。まだチェーンやバーテープ、変速やブレーキ周りの作業が残ってるので7割も組めていないが、とりあえず全体像は見えてきた。

そう悪くはないと思う。

そもそもの前提として俺の身長(165~166cm)でかつ短足だと「かっこいいロードバイクに乗る」というのが困難なので、そういう厳しいハンデを背負ってることを考慮すれば合格点。

当初は「SRM搭載」とか「紐式のケーブルガイド等は全て削り落とす」とか「ヘッドパーツも黒くする」とか威勢のいいことを考えていたが、最終的には予算や手間の問題で妥協に妥協を重ねた感じで終わってしまった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ