ホイールのメンテナンスもそろそろ最低限の事は覚えないといけないが、いきなりR-SYSのハブ分解はハードルが高いので、まずはシマノのWH-RS010というクソホイールから。

ローラー台用に新品をリアだけ購入したが、走行距離は5km程度のほぼ新品。下手に弄って壊してしまってもまあ痛くはないレベルのホイールなので最初の実験台には丁度いいと思って。

フリー側に当てたセンターゲージを反フリー側に当てたら、こんだけ隙間が出た。

どっち側にセンターがずれてるかすら理解してないので、最初は反フリー側を締めてみたら、ますます隙間が開いた。今度は緩めてみたところ、隙間が無くなった。

あとは、微妙に波打つように振れている部分を適当に締めたり緩めたりして調整。

しかしこのホイール、両側ともタンジェント組なのだが、フリー側のテンションはきついのに反フリー側は緩い。そういうものなのだろうか。

なお、使っているセンターゲージに画像だと変な指紋みたいな跡があるが、実物だと単なる塗装剥げ。自分で使う分には全く問題ないが、写真に撮ると気持ち悪いので、このセンターゲージ自体の精度も怪しいらしいから、買い替えるべきだろうか。